知識で差がつく!賃貸物件として資産運用するときのノウハウをご紹介

ただ運用するだけじゃダメ!賃貸物件で収入アップするためのコツ

知識で差がつく!賃貸物件として資産運用するときのノウハウをご紹介

模型とお金

土地勘のないエリアは選ばない

西麻布では資産運用として不動産を購入し、賃貸(インカムゲイン)という形で経営を始める方も多くいます。しかし、ここで注意したいのが、土地勘のないエリアの不動産を購入してしまうということです。知らない土地の不動産を購入すること自体は悪いことではありません。ですが、土地の相場や周辺環境を把握していないと、将来の動向を予想することも難しく、損害を出す可能性も高いです。

不動産の管理は徹底的に!

賃貸物件の利回りを高めるには、経営にかかるコストを少なくすることが何よりも大事です。そのため、管理業務はなるべく管理会社に頼むのではなく、ご自身で行ないましょう。そうするだけで賃貸収入の5%~10%ほど毎月のランニングコストが浮きます。しかし、不動産の管理がご自身で徹底して出来ない場合には、管理会社にお任せした方がいいです。なぜかというと、結局、利回りを高めるには顧客満足度が高い必要があるからです。

赤字なら売却する方がよい

不動産投資でありがちなことは、「経営が赤字でも節税に役立つ」という意識で賃貸物件を経営するということです。確かに減価償却費などの経費を計上することで所得税を減らすことは可能です。ですが、いくら節税できるからといって、赤字経営を続けていたら収入は入ってこず、運用する意味は全くありません。赤字経営が続きそうと感じた時点で、不動産売却する準備をしておきましょう。

入居者に用意してもらう書類一覧

  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 収入証明書
  • 保証人関連書類
  • 銀行口座印
  • 通帳
  • 初期費用に必要なお金
広告募集中