不動産を購入する前に

不動産を購入する目的は人それぞれですが、いざ購入すると決心した時にどういう流れで契約するのか知っておくと、行動計画も立てやすいです。これから不動産購入までの流れをご紹介するので、新しく物件を購入する方はチェックしておきましょう。

不動産購入までの流れ

物件を厳選する

ご自身が運用する目的に合わせて希望条件を整理し、予算を決めた上で不動産を探しましょう。分譲物件か、仲介物件かの違いでも必要な費用が異なるので、物件を厳選するときには事前に確認をしておくようにするといいです。

購入の申し込み

気に入った不動産が見つかれば、現地を下見した後に購入の申し込みをします。この時に申し込み証拠金を預ける場合もありますが、売買契約の前に申し込みを撤回する場合には返還してもらえるので安心してください。

売買契約を結ぶ

不動産会社に在籍している宅地建物取引士から重要事項の説明を受け、売買契約に移ります。売買契約では、必要書類がいくつかあるので、事前に不動産会社に相談しておきましょう。書類を提出したら契約内容を確認し、ご納得ができたら契約書類に印を頂きます。

引き渡しを受ける

契約が結ばれ、引き渡しを受けた時点で購入した不動産はご自身の物になります。後は、賃貸物件にして家賃収入を得るのもいいですし、不動産を売買してその差額で利益を得るというのもありです。しかし、投資する場合には不動産投資セミナーを受けて、失敗のリスクについて学んでおきましょう。

[PR]仲介手数料無料で対応してくれる
理想の物件を見つけよう☆

[PR]家賃債務保証サービスを利用しよう
賃貸経営の不安を払拭☆

[PR]無料の不動産投資セミナーに参加しよう
資産投資をはじめたいなら注目!

仲介手数料無料の物件が多くの投資家に選ばれている理由

不動産イメージ

仲介手数料無料のメリット

仲介手数料は、契約に必要な初期費用でも敷金、礼金に並ぶ大きな出費となります。そのため、西麻布エリアで不動産をお探しなら、仲介手数料無料の物件に目を向けることをおすすめします。仲介手数料が無料になれば、諸経費に回っていた予算を物件価格に回すことができます。つまり、自己資金として充当できる割合が高くなり、住宅ローンを組む上で借入金額の総額も少なくて済むということです。住宅ローンを組んでいなくても、仲介手数料無料のメリットは大きいので、不動産を購入するときは仲介手数料無料の物件を選ぶことをおすすめします。

家賃債務保証を利用しよう

賃貸物件として不動産を運用していく場合、「家賃債務保証」を利用するといいでしょう。家賃債務保証は家賃保証会社が提供しているサービスの一つで、入居者の連帯保証人の代わりをつとめてくれます。つまり、何が言いたいかというと入居者が家賃を滞納したときには、保証会社から滞納分の賃料を請求することも可能になるということです。また、家賃債務保証に加入することで、不動産売却するときに買い手が付きやすくなります。不動産投資で成功したいという方はぜひ家賃債務保証にご加入ください。

不動産投資を成功させた方達の声

セミナーに参加すべき

不動産投資は玄人でも失敗することもあり、投資初心者には難しい投資です。投資を成功させるためにはセミナーに参加し、不動産に関する基礎知識を身に付けておくことをおすすめします。(男性 40歳)

物件選びが大事

新築でも中古でも購入した時点から、その価値は下落していきます。しかし、逆に地価の上昇に伴い、価値が向上するということもあります。不動産投資を成功させるためには、市場の相場や将来を考えて物件選びすることが大事です。(女性 50歳)

顧客ニーズの把握

私はインカムゲインで不動産を運用していますが、経験上、管理やメンテナンスがきちんとされていると空室になりにくいと思いました。また、時代の流れに合った設備・仕様があると入居者の満足度が高い傾向にあります。(女性 43歳)

注文住宅がおすすめ

注文住宅は資産価値の下落が比較的に緩やかなので、不動産投資を行なうなら注文住宅を選ぶことをおすすめします。また、その際には物件の立地が地価の高いエリアにあるかも確認しておくといいですよ。(男性 39歳)

住宅ローンは慎重に

不動産投資を始める上で住宅ローンを利用する方も多いですが、住宅ローンの組む際には金利や利息が発生するというリスクを考えた上で利用しましょう。万が一、投資が失敗すれば住宅ローンはデメリットだらけになるので注意が必要です。(男性 55歳)

広告募集中